ニキビ跡と生活習慣の関係はあるの?

ニキビ跡はなぜできてしまうのか?

思春期ニキビも大人ニキビも出来てしまうとなかなか治らないことでお悩みの方もすくなくありません。 それと同じように、ニキビ跡も残りやすいです。 ニキビ跡が出来てしまう理由はニキビの種類によって異なります。 まず白ニキビや黒ニキビといった炎症のない場合には、ニキビが収まった後は残りにくい特徴があります。 それとは違って、赤ニキビと呼ばれるものは皮膚のしたに炎症が起きたものです。 この赤ニキビは生活習慣が密接に関係しています。大人ニキビの場合はストレスを強く感じていたり、寝不足が続くと生活が続くことによっておきやすくなります。 特に女性の場合は、生理周期やホルモンバランスの乱れといった影響もお肌の状態に影響を及ぼすので注意が必要です。

出来てしまった赤ニキビの改善法とは

もし炎症を伴った赤ニキビが出来てしまった場合でも、セルフケアをきちんとすれば改善することができます。
まずはお肌のターンオーバーの周期を整えることです。そのためには、古い角質を定期的に取り除くことです。
通常の洗顔に、ピーリング剤を用いて古い角質層を取り除いてください。新しい肌に生まれ変わることで、老廃物が毛穴に溜まりにくいので炎症も防ぐことができます。
そして、睡眠をしっかりととることです。眠っている間に肌の再生が活発になるため、ニキビ跡の出来始めなどに効果が期待できます。
そして適度に運動をして入浴をしっかりとして新陳代謝を向上させることも大切です。汗を程よくかくことは毛穴の汚れを詰まりにくくするだけでなく、ストレス発散の効果もあります。