ニキビ跡に良い食べ物は何?

なぜニキビ跡が出来てしまうのか

ニキビ跡が出来る原因は、肌が傷つくことにあります。ニキビ跡には種類があり、赤みタイプと色素沈着タイプ、そしてクレータータイプがあります。
赤みタイプのニキビ跡は、肌が炎症を起こしていることが原因です。ニキビになると、肌のバリア機能が低下した状態になります。バリア機能が衰えると、外部からの刺激を受けやすくなるのです。
色素沈着タイプは、ニキビが肌を炎症を起こすことでなります。肌が刺激を受けると、メラニンが多く生成されるのです。肌のターンオーバーがうまく行われていれば、色素沈着はしません。しかし、ニキビが出来ることによって肌のターンオーバーが乱れ、色素沈着を起こしやすくなるのです。
クレータータイプは、肌の奥深くにある真皮層にまで傷が出来てしまっている状態です。真皮層には、コラーゲンを生成する細胞があります。そのため、真皮層が傷つくと細胞が生成されにくくなり、クレーターが出来てしまうのです。

ビタミンなどを摂取しよう

ニキビ跡を改善するためには、肌の炎症を抑えて肌のターンオーバーを促す必要があります。そのためには、バランスの良い食事を取ることが大切なのです。
ビタミンAが豊富に含まれているほうれん草やにんじんには、肌のターンオーバーを促す作用が期待出来ます。そしてビタミンB群が多い豚の赤身肉には、皮脂の過剰分泌を抑える働きがあります。ビタミンCが豊富なパプリカやブロッコリーはメラニンを作り出す力を弱め、なおかつメラニンを体外へ排出してくれます。
レバーやひじきに多く含まれるミネラルは、血液の流れを促して肌の新陳代謝をアップする作用があります。それにより、肌のターンオーバーが促されるのです。また、赤身肉や青魚に多く含まれるタンパク質は、コラーゲンの元になります。これらの食品をバランスよく食べることが大切です。